有名な寓話「2人の木こり」。

同じ時間で木を切り倒すことを課された2人の木こり。

錆びた斧で長時間死ぬほど頑張るか、勇気を持って作業を止めて斧を研ぐ時間を確保するか。

「切るのに忙しくて斧なんか磨いている暇はないよ」という、THE皮肉of皮肉。

作業を止めるのは勇気がいるが、今日は斧を研ぐ日。丸一日。
New Image

この日々の積み重ねがいつか掛数になる。

仕事はマラソンだ。一生懸命足で走るのはとても貴い。

が、3週間走るのをやめて免許を取りに行ってレンタカーで走った方が数年後は遠くまで行ける。

目の前の「方法論」をあまり信じすぎない方が良い。

適切な知識と情報を、適切なタイミングで知ることの方が「汗をかく」ことよりも大切な時もある。

わかりやすい努力に逃げない方が良い。

知的怠惰は何より罪なのだ。

脳みそに汗をかいて頑張って下さい。