半年ぶりくらいに予約見学会。が4週連続。予約制ですが毎週満員御礼のようで。

すると週末2日間で35組くらいのアポイントになる。

当然総力戦で、私も例外じゃなく駆り出される。

で、設計や接客を少し。

浦安市の27坪敷地への3階建て狭小デザイン設計。

準工地域なので、結構屋根なんかはやりたい放題だけど、面白い。まわりの4~6階建てのマンションが立ち並んでいる中の戸建て。

New Image


光の採り方や生活のスタイルは、僕が住んでいる町や市原市とは全く違うな~と。

まず南や東といった太陽の方角感もそれほど重要じゃなく、どちらが立地的に「抜けているか」が大事になってくる。

面白いなって思う。知らないことを知るとまだまだ成長できる。その余地が脳みそにあるのが嬉しい41歳。

施主様は同じ業界の建築士の方で、やはり同業の方に認められるのはやっぱり嬉しい。

で、もう一件は今ホットな柏市。閉じた中庭のある和モダン。

東葛地域のお客様が自然と増えた。まだ流山支店開設前だけど。

敷地は40坪強。

27坪の敷地をやっていると、40坪強っていう市原市などでは狭い部類に入る敷地でも色々出来るな~と思ってしまう。

やっぱり、結構な事が相対主義なのだと実感。色々経験しておくと良いなと。

若手スタッフの物件のお手伝いも含めると月に4~6件のプランニング。まだもう少しだけ現役で・・・という事でしょうか。まあその立ち位置だから気づけることも多々あり、良かったと思うことも。

で、南流山スタジオのデザイン設計も最終コーナーあたり。

メインコンセプトは大枠決まって、あとはディティールの部分だけ。意図が上手く伝わったかな~と?と思いきや、なんとなく伝わってそう。

やっぱり、パク・・もとい、参考にするべきは新築よりもリノベの業界だな~と。

内部のディティールで勝負するしかないからデザイン的には半歩良い。

適度に黒を入れたインダストリアルとうちのメインテーマのナチュラル。

で、やりすぎない、凝りすぎない。

24歳コンビの仕上げに期待。

基本スタジオプロデュースは最若年がやるって不文のルールで、今年4月入社の新人君たちに任せてみたかったけど、タイミング的にひと月遅かった。残念。

これも運だし、めぐりあわせ。次の機会に頑張って下さい。

採用活動、新スタジオOPEN、新卒研修合宿の準備、予約制見学会4連チャン、新しいブランドリリース。3月4月は盛沢山だ。

とにかく退屈よりいい。官僚主義が蔓延した今をやる過ごす組織よりは何倍も。