さて、恒例になった(とは言え昨年からだけど)建築業界研究セミナーin 津田沼と。

なんとなく、「あ~今年も採用シーズンがはじまるな~」の合図的なイベント。

大卒の就職率98%とか叩きだしているので、どうなんでしょうか。

空前の売り手市場は変わらないのですが、採用もある意味マーケティングとブランディング。

「いや、あそこに行くしかないっしょ」と思ってもらえる「環境作り・魅力作り」しかどうせやることはない。

それは買い手市場の時でも一緒だからまあ、とにかくやることは一緒です。

で、60分×6本×9人の学生さん。
New Image


体調は最悪。途中心臓がトクントクンいってるのが聞こえる。

動悸とめまいがひどい。

やっぱり朝ごはんは大事だなと。バッチバチで食べてこないことを反省。

おそらく低血糖だったんでしょう。とにかくくたびれた。集中力も続かない。

これは本気で朝チャリ・プール通いを復活させてなおかつルーティン化しないとまずい。

で、セミナー終わりに蘇我の銀寿司さんに直行。

愛しの英ボーが結婚?ではないが、ほぼ同義で退職。うう。女の子はみんなおめでたく辞めちゃうのね。いや、それでも「残る!!!」と言わせられるだけの魅力がなかったと内省が吉。

丸2年くらいか。まあご苦労様でしたと。

さようならの語源は「さようであるならば」だ。

要は「そういう事なら仕方ない。」って要素が入る。

今までの関係性だとかをとりあえず「一区切り」し、潔くあきらめるという意味合いがある。

こんな事を書いている時点で女々しいのは5000も承知だけど。

東浩紀的にいうと「流動するよわいつながり」があればよい。本当にそう思う。

何かしらの形で関係性は続く。それでいい。

という訳でさらば英ボーということで。あと2週間くらい、僕らの仲間であることを愉しみ、甘え、全うして下さい。

ひとまずのさようなら。
New Image

設計士と作る自然素材のデザイン住宅
エーセンス建築設計事務所


千葉スタジオ
千葉県千葉市若葉区都賀2‐16‐10 
TEL:043-310-6619
MAIL: info@a-sense.biz

市原スタジオ
市原市うるいど南3‐8‐3
TEL:0436-40-5445
MAIL:toiawase@ai-sha.com