月一の全体会議。

これも無くすことが出来るくらい、イズムが浸透出来たら最高。

まあ、支店が増えるので、顔を合わせてごはんとか食べる機会は別の意味で必要でしょうが。

スタッフ間で月1しか会わないみたいなシチュも出来るのか・・。日本の悪しき風習と言われて久しい「飲み二ケーション」もそれほどバカにしてはいけないような気がします。(当然、任意かつ役員は排除・飲めない人は食い)

さて、チームの中の「貢献」と「公平」とはなんぞやっていう、到底正解の出ないことに関して、数時間話し合ってもらっている。

効率的ではないが、思い立ったので仕方ない。

その皆で出した結論から、賞与の金額も決めることも決定した。

密室政治よりはマシだろうという思い。

数字に見える成果については日々のインセンティブでフェアに。

チームの中の「貢献」と「公平」基準は皆で。

めちゃくちゃ数字を挙げて、皆の給料を稼いできてくれるが、ず~とイライラしていて、当たり散らし、ため息をはきまくり、挨拶も無視し、周りの士気をどん底まで落とす人は評価が高いのか。

全く努力しなくても、滅茶苦茶ストイックに頑張る人が同じチームにいれば上がってしまうのは、フェアというのか?

1年目と10年目で差があるのか。野球選手でさえ打率が高くてもそのまま比例しない。

みたいなケーススタディ。

ここ日本(っていうか小さな小さな会社の中)で「和」みたいな形のないものに、どれくらいの価値があるのか。

まあ、聞いてみたかったんですよ。純粋に。

何度もいうけど、密室よりいい。評価は可視化されるべきだ。

今から数時間後どんな意見を言ってくれるのだろう。楽しみでもあり、不安でもある。

New Image