2016年新卒への会社説明会でした。

 人数はそれほど集まらなかったのですが、面白いな~と。

初めての試みという事もあるのでしょうが。

で、新卒。

社会に対する「こんなもんだろう感」は皆無。

中途採用の面接時なんかは、たまに感じる事があるんですが、新卒はない。

好奇心、興味と、当然ことながら、不安も。

社会に出る事に対する不安というよりも、「今の自分に何かしら出来るのかな」という方向でしょうか。

まあ、20近く下の子達です。

可能性は無限にあるなんて、口が裂けても言いませんが、

可能性はどこかにある。必ずある。

とだけ言っておきます。

いつか、必ず、100%直面するであろう場面、

自分がやりたい仕事と、会社が求める仕事のギャップ

自分がやりたい仕事と、他者からみた適正のギャップ

自分がやりたい仕事と、その仕事の社会への有用性のギャップ

自分がやりたい事を貫く幸せと、

会社や社会が消費者が求める声に応じる幸せと、

二捨択一では決してないのですが、どちらも両立するにはスキルと経験と、リスクを背負う気持ちがあるのかを問われます。

会社は

香川にキーパーはやらせたくないし、

おかわり君を一番バッターにはしないし、

イチローをキャッチャーにはしない。

まあ、「社会」や「会社」「仕事」なんていうものは基本的にはままならない、理不尽なものです。

その理不尽さの中で、面白味や充実感を拾い集めてやりがいにしていくものです。

何故なら、「自分自身」とは他者との関係性の中にしか存在しえないからだと。

そういう事なんだと思います。

さて、明日は「千葉の森の家」のモデルハウスの棟上げです。林業と消費者を結ぶための大切な媒介となる区間になります。

楽しみです。

スライドバナー3